悪玉コレステロール値を下げる方法【DHAとEPAを摂取する】

笑顔の男性女性

血液をサラサラにする

カメラを持つ男性

悪玉コレステロール値を下げることで様々な病気の予防をすることができます。悪玉コレステロール値が高過ぎると、血液がドロドロになってしまう動脈硬化という症状が表れてしまい、症状が進行してしまうと血液中に血栓ができてしまいます。血液中に血栓ができてしまうと、その血栓が脳や心臓などの重要な臓器の血管に詰まってしまい、重大な病気を引き起こしてしまいます。これが脳梗塞や心筋梗塞などという病気といい、日本人の死因で高い方に入ります。脳梗塞や心筋梗塞は発症してしまうと、すぐに手術しても後遺症が残ったりしてしまうので、手術で治すことも難しいです。このような病気になるのを防ぐためにも悪玉コレステロール値を下げなければなりません。

悪玉コレステロール値を下げるには、効果のある成分を含んだ食材を摂取することが大切です。DHAやEPAという成分を摂取することで、血液がサラサラになりやすく悪玉コレステロール値を下げることにつながります。青魚から摂取することができるので、それらの食材を毎日食べ続けることが大切です。しかし、毎日食べるのは日常生活では非常に難しいのでサプリメントで摂取するほうが望ましいです。

サプリメントは水と一緒に流して飲むだけですので、青魚が嫌いな人でも簡単にDHAとEPAを摂取することができます。味や臭いも感じないので誰でも飲むことができるのが特徴で、種類にもよりますが1日1粒で大丈夫なサプリメントが多いです。自分にあったサプリメントを見つけることが大切です。

活性酸素を増やすには

栄養補助食品

水素を摂取する方法はたくさんありますが、最近ではサプリメントで摂取する人が多くなっています。水素には活性酸素を活発にする効果があるので、美容にいいことがわかっています。

詳しく見る

血糖値の上昇を抑える

血液

ヘモグロビンa1cが高くなると糖尿病になってしまう危険があるので、早急に改善することができます。食生活や生活習慣を改善することで症状が良くなるので、そのような生活をすることが大事になります。

詳しく見る

更年期に発症する病気とは

花を持つ女性

45歳から55歳くらいになると神経質になったりしてしまいます。このような症状が発症したときは症状を緩和することで、日常生活に支障をきたしにくくなります。緩和する方法はたくさんあります。

詳しく見る